KNBC会員の企業紹介 2022年5月25日

【KNBC会員紹介】データ消去、世界初の履歴確認システム採用

DELE、情報機器廃棄時のリスク防止で

スタートアップ企業、DELE(ディーリー、横須賀市光の丘、Tel,046-854-5484)は、データ消去トレーサビリティー(履歴管理)システムを利用した情報機器回収サービスを始めた。同システムは世界初という。パソコンやサーバーなどの“情報資産”の廃棄を委託する際、途中で情報漏えいがなく適正処理されているかを確認できるもの。回収後から消去までの工程の進ちょくが随時見られる。すでに横須賀市が実証実験で採用、今後は行政機関を中心に提案していく。

システムの名称は「ETMS(エトムス)」。同社も加盟する業界団体「データ適正消去実行証明協議会(ADEC)」が開発した純国産のシステムという。
具体的には、情報機器の廃棄やデータ消去を同社に依頼した際、それぞれのシリアルナンバーとQRコードが発行される。依頼者は専用アプリ上にナンバーを入力すると、現在どの工程にあるのかが分かる。

情報機器の破棄やデータ消去は、回収後に施設への入庫、消去(磁気消去もしくは物理破壊)を経て、最終的にリサイクル業者などに引き渡される。これらの工程を“見える化”するシステムという。終了後には「データ消去証明書」を発行することで、安心感につなげてもらう。

生田篤識社長は「情報資産のデータ消去を巡っては、外部業者に委託したのにもかかわらず、その機器に個人情報が残ったままリユースされてしまう事例が多く見受けられました。情報機器の破棄は、企業にとって大きなリスクになります」と説明。現在、自治体だけでなく、企業での採用を呼びかけている。

価格はパソコン1台当たり1100円(アプリ利用料は別途)。証明書発行料は同1100円。初年度2億円の売り上げを目指す。

※記事出典:かながわ経済新聞より

関連記事

【KNBC会員紹介】面倒な申請書類、生成AIが作成

ユニバーサルスペース、介護支援で負担軽減   面倒な申請書類は生成AIにお任せ―。「介護リフォーム本舗」をフランチャイズ(... 続きを読む >>

【KNBC会員紹介】:中小発のIoT電流計、急速に普及

エニマス、大手飲食業や自治体など相次ぎ採用   コバヤシ精密工業(相模原市南区大野台)発のベンチャー、エニマスが開発した「... 続きを読む >>

【KNBC会員紹介】ラピダス新工場にらみ北海道進出

スリーハイ、現地事務所開設し需要発掘   産業用ヒーター製造、スリーハイ(横浜市都筑区東山田)は、北海道に進出し、札幌営業... 続きを読む >>

【KNBC会員紹介】「圏外」でもWi-Fi設置可能

ネットチャート、コストも工期も大幅削減   ネットチャート(横浜市港北区新横浜)は、従来は「圏外」とされてきた場所に対し、... 続きを読む >>