お知らせ 2020年1月27日

【KNBC会員紹介】イマジネーション、「入力シェア」で障がい者活躍に道/独自システムも開発

イマジネーション(横浜市中区山下町)は、障がい者などの多様な人材が活躍できる場を生み出すため、同社で受託するデータ入力業務向けに、独自開発した「分散入力システム」を導入した。

同社はお客さんからの依頼で、手書きのアンケート用紙や申込書などのデータ入力業務を請け負っている。従来なら1枚の用紙に対し、1人のオペレーターがデータを打ち込むが、同システムでは紙をスキャンすれば「氏」「名」「住所」「電話番号」「性別」など、項目ごとに自動分割。それらを別々の担当者が入力していく。いわば“入力作業のシェア”をすることで、ミスや情報漏えいを防ぎ、障がい者の仕事も創出する。

かながわ経済新聞紙面から)

関連記事

【KNBC会員紹介】エキスパート・リンク、無料動画を配信

注目の「事業再構築補助金」を専門家が解説 中小企業診断士などの専門家ネットワーク、エキスパート・リンク(東京都品川区)は、県内企業を対象に... 続きを読む >>

3月定例会を開催しました

緊急事態宣言が延長されている中での開催となりましたが、今後のリアル+オンライン併用開催への移行を見据えて、会場からの中継とオンラインの併用で試行... 続きを読む >>

「かながわビジネスオーディション2021」でKNBC会員株式会社hanane石動力様がファイナリストに!

2021年2月3日(水)に「かながわビジネスオーディション2021」最終審査会がオンラインで開催されました。 応募ビジネスプラン103... 続きを読む >>

1月定例会を開催しました

新型コロナウィルス感染防止対応のため、1月定例会もオンラインで開催し情報交換会は中止させて頂きました。   一般社... 続きを読む >>