お知らせ 2020年1月27日

【KNBC会員紹介】イマジネーション、「入力シェア」で障がい者活躍に道/独自システムも開発

イマジネーション(横浜市中区山下町)は、障がい者などの多様な人材が活躍できる場を生み出すため、同社で受託するデータ入力業務向けに、独自開発した「分散入力システム」を導入した。

同社はお客さんからの依頼で、手書きのアンケート用紙や申込書などのデータ入力業務を請け負っている。従来なら1枚の用紙に対し、1人のオペレーターがデータを打ち込むが、同システムでは紙をスキャンすれば「氏」「名」「住所」「電話番号」「性別」など、項目ごとに自動分割。それらを別々の担当者が入力していく。いわば“入力作業のシェア”をすることで、ミスや情報漏えいを防ぎ、障がい者の仕事も創出する。

かながわ経済新聞紙面から)

関連記事

5月定例会を開催いたしました

ポーラ・及川社長が登壇/約2年ぶりにリアル情報交換会も 神奈川ニュービジネス協議会(KNBC)は5月16日、横浜高速鉄道みなとみらい線「みなと... 続きを読む >>

「KNBCウーマンカレッジ」5月開講(女性起業家活躍推進委員会)

神奈川ニュービジネス協議会 女性起業家活躍推進委員会では、2022年5月より『KNBCウーマンカレッジ』を開講いたします。 ぜひ、経営層の... 続きを読む >>

3月定例会を開催いたしました

2022年3月14日に、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授(工学博士)前野隆司氏を講師にお招きして、会場とオンライン(Z... 続きを読む >>

「かながわビジネスオーディション2022」でKNBC会員のアットドウス株式会社が知事賞を受賞

2022年1月25日(火)に「かながわビジネスオーディション2022」最終審査会が開催され、応募ビジネスプラン89件の中から選ばれたファイナリス... 続きを読む >>