お知らせ 2020年1月27日

【KNBC会員紹介】イマジネーション、「入力シェア」で障がい者活躍に道/独自システムも開発

イマジネーション(横浜市中区山下町)は、障がい者などの多様な人材が活躍できる場を生み出すため、同社で受託するデータ入力業務向けに、独自開発した「分散入力システム」を導入した。

同社はお客さんからの依頼で、手書きのアンケート用紙や申込書などのデータ入力業務を請け負っている。従来なら1枚の用紙に対し、1人のオペレーターがデータを打ち込むが、同システムでは紙をスキャンすれば「氏」「名」「住所」「電話番号」「性別」など、項目ごとに自動分割。それらを別々の担当者が入力していく。いわば“入力作業のシェア”をすることで、ミスや情報漏えいを防ぎ、障がい者の仕事も創出する。

かながわ経済新聞紙面から)

関連記事

横浜市スタートアップ企業支援一時金の申請受付開始

横浜市よりお知らせです。 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、資金繰りなどに大きな影響を受ける創業間もないIT、ライフサイエンス等分野の市内スタ... 続きを読む >>

J-net21:神奈川県の新型コロナウィルス 対策に関する補助金・助成金・融資情報

独立行政法人の中小企業基盤整備機構が運営する中小・小規模企業や支援機関向けのポータルサイト「J-net21」で、神奈川県内の各地域ごとに情報が掲載され... 続きを読む >>

神奈川県中小企業・小規模企業再起促進事業費補助金

新型コロナウイルス感染症の拡大により事業に影響を受けている中小企業者に対して、非対面型ビジネスモデル構築、感染症拡大防止、ITサービス導入、生産設備等... 続きを読む >>

KNBC新入社員研修のお知らせ(Zoomにて開催)

新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止となっておりました新入社員研修は、ZOOM Roomsを使用したLive配信で実施いたします。 KNBC会員企... 続きを読む >>